NO STAR

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | - | -
沖縄(5) 05.09.09 首里城
初沖縄なんでやはりここは外せないでしょう、首里城
しかしこのとき既に写真をとりすぎてデジカメのメモリが足らなくなっていた。。。ので、写真あまりとれなかったっす。


龍樋にて。
そのピース、久しぶりに見た。
観光客が投げていったであろう小銭が。どうにかならんか、そういうの。



瑞泉門
観光客っぽいねーって、観光客だからね。



王様になった気分。しかし今日も日差しが強い。
この先の奉神門からは有料なので、俺だけ入る。



御庭(うなー)から。
酷い顔だな、俺。そんなに感動してるのか。いや、日差しがすごくて目開けられないんですよ。もともと小さいけどさ。



ほら、すごい日差し。



石畳の坂。ここも情緒があってよい。
下っていくと泡盛博物館が。もちろん入らず。
歩いてそのまま首里駅に行こうとしたが、迷い(というか真逆だし)、結局タクシーで、運ちゃんにおすすめのスパみたいなところを教えてもらい、ひとっ風呂浴びて疲れを取った。あとはもうお土産を買うだけだ。
しかし天候はあっという間に雨空に。



国際通りにて、沖縄とは全く関係ないモチーフの占い機を利用している熟年カップルを見かけ、つい撮影。

そして帰宅の途についた。
帰りは台風15号に追っかけられながらという、なかなかの雨男ぶりを発揮してしまった。
いや〜しかし良かったな沖縄。島がいいね、街より。

posted by nostar | OKINAWA2005 | comments(6)
沖縄(4) 05.09.07+08 座間味島
島。今回の旅のメインだと思う。座間味島へと。


那覇港へ到着。晴天なり。



あんな速そうなのには乗りません。



俺らが乗るのはフェリーの方。




わらわらと人が集まってきた。

出港までとりあえず、船のタイポをチェック。





業務用感ばっちり。



出港いたしますよ。
何度も沖縄に来ている武藤は船内で本を読んでるが、初沖縄な俺は外へ出てみた。





ありえないよなぁ、この色。作り物っぽさすら感じるし。すげー。



小さな虹を携えて船は進む。




日差しが違うはやっぱ。晴れてよかった。




島々を抜け、到着。



今晩泊まる宿。安いがとりあえず見た目はよいな。
3食つけてもらったんだが、なかなか漁港風味でよかった。スタッフの方も気さくで。
虫が出るのは、まあ仕方ないっすね。
裏にヤギがいた。



そして犬もいた。



放し飼いの子犬も3匹いた。




雰囲気でてますね。この宿は(虫以外)正解だったな。



この抜け道を出ると海だ。




海だ!
人少なくていいね!



透明度が。
普通に珊瑚の周りにいる小魚とか見れるんすよ。

まあそんな感じで座間味1日は終わる。もちろん昼夜問わずビール。夜になるとケケッとヤモリが登場。



翌日、海に入ったりもしたが、帰りのフェリーまで結構時間があったのでチャリを借りて山の方へ行ってみた。





このへん、1月とか2月とかに、鯨が見れるらしい。



人口物がなんにもない風景は、なかなか東京では見れないねぇ。




琉球の伝統的な様式の亀甲墓。



沖縄にも稲荷信仰があるのか?一匹だけって珍しくない?と近づいてみると、



マリリンだった。

ああ、楽しかった、座間味島。かなりまったり。

そして本島へ戻る。


続く


posted by nostar | OKINAWA2005 | comments(0)
沖縄(3) 05.09.06_2 シーサー園
美ら海水族館を離れ、武藤曰く「最高」というやむちん喫茶シーサー園へ。微妙に迷う。



到着。



中に入ると、ドレミノの撮影時のUA写真が。昔した仕事(ウェブサイトね)なので押さえとく。ともともがいない。





ゆっるゆる。



これうまいよ!「チンピン」。チンビンとも言うらしい。



外には広い庭、というか山があり、自由に散歩できる。







また、曇ってきたなぁ。晴れてたら最高だろうなぁ。ユルさ倍増で。











自然を満喫したところで、シーサー園を出ることに。
帰りの道はやや混んでいた。



今夜の激安ドミトリー。激安の理由は、まあ見たまんまです。



お休み。


続く


posted by nostar | OKINAWA2005 | comments(0)
沖縄(2) 05.09.06_1 美ら海水族館
沖縄2日目。この日はクルマを走らせて美ら海水族館へ行った。


沖縄らしい風景が続く。



いい名前の村だね。オンナ村



なんだか雲行きが怪しくなってきた。



あー、雨降ってきちゃいましたよ。



ビキニ女子が見れないじゃん、と表情から不安を隠せない武藤。



東シナ海が日本海のように。
しかしこの後徐々に天候が回復してくる。沖縄の天気はころころかわるね。まあでも台風14号が去った後なので。



ビキニ女子が見れるんじゃないの?っと表情から期待を隠せない武藤。



水族館に行く途中に、橋で渡れる離れみたいな島があるので寄り道。



つうかこの海の色はすごいなぁ、と感動したが、台風が過ぎた後なので汚い方らしい。



打ち捨てられたバス。



ざわわ。



サトウキビ積みすぎ感が拭えない軽トラ。
そしてちょっと迷いつつ再び水族館へと向かう。



到着!海がー!



海が広いー!
エントランスのエスカレーターでこの景色みせられたらもうかなり感動ですよ。



中へ。



俺(右)。
武藤カメラは、明らかに俺を中心に捕らえていない。








こいつ結構お気に入り。
しかしホント、なにを思ってるのかねこいつらは。



ケバっ!



そしてこの水族館のメイン、「黒潮の海」水槽



ジンベエでかい!大阪の海遊館よりでかい


魚も休みが必要だ。
武藤は魚のことを「おさかな」という。まあ別に訂正させる必要もないからそのままにしておいた。



大水槽眺めながら一杯。



癒されるわー。



ジンベエの模型と記念撮影。



さらに進むと海中トンネルのような「アクアルーム」に。





魚たちが飛んでるみたいです。



まあもちろんこういうおっさん顔の地味な魚も押さえておく。なんかシンパシー感じる。



いやー満足満足。



とりあえず水族館からは出て休憩。
牛乳パックみたいなカー発見。



一服してから動きますか。



大分晴れてきましたね。いいんじゃねー?

そしてマナティ館へ向かった。

マナティ館はオス・メスで水槽が分れている。こっちはオスの水槽。
マナティ、ダルそうだ。
なんか、向こう側にもいるな。



すこし視点をずらすと、これは?噛まれてるん?



喧嘩、なのかな。それにしてもやる気ないなー。



こちらはメスの水槽。優雅に泳いでます。



マナティ館を出ると、水槽に亀がうじゃうじゃ。ウミガメ館へGO。



至近距離で亀。



左から〜



旋回して〜



右へ〜



みんなついて来〜い。



黙々と亀を(超至近距離で)撮影する武藤。



外に出ると、だいぶいい天気になってた。




若者たちが眩しいなぁ。




おっさんはおっさんでダラダラしますよ。





続く

posted by nostar | OKINAWA2005 | comments(0)
沖縄(1) 05.09.05 くうねるあそぶ
1ヶ月以上前の話。仕事をぎりぎり片付けて寝ずにそのまま沖縄。武藤とともに。彼はフランスから成田→羽田というハードスケジュールというか、スケジュール組み間違っただけなんだが。


ってことで羽田のロビーから。



俺。



武藤。向こうの人、脚だけ沖縄いっちゃってますね。



2時間ちょいで到着。台風14号が来てて心配だったが普通に飛行機飛びました。



オバァがおでむかえ。



空港からタクシーでほどなく予約したホテルに到着。第一シーサー発見。



中は普通の(当たり前か)ホテルロビー。



部屋の窓からは沖縄の肛門が見えます。
その後、武藤がなにしろフランスからそのまま来たんで服を洗いたいと、近くのコインランドリーに行くことに。




し、渋い。当然のように故障中のものもある。



洗剤をもってない武藤。備え付けの洗剤自販機を見つけお金を入れレバーを回すと、何も出て来なかった。お金だけが吸い込まれたという結果に。



なかなか文化を感じさせる落書き。



最初、なんかの広告かと思ったが、よくよく見ると注意書き。「アンバランス」って、この場合いらなくないか?



お金を入れる部分も渋い。洋風だね。
とりあえず洗濯機を回して、街へ出ることに。



県庁。金持ってるな沖縄。



国際通り入り口。渋谷のスクランブル交差点みたいなもんですかね。



意外と古い、面白い形の建物が残っている。



市場へ向かう。



かつて子豚だったもの。



色が、極彩色というか、はっきりとした魚たち。
1階が市場で2階が食堂になってて、市場でこれ刺身にしてと言えばちょい金払わねばだけど、上で食える。



食堂にやってきました。2階にはいろんな食堂が入ってて、広島のお好み焼きビルみたいに声をかけられる。とりあえずめぼしいところに着席。



刺身できあがり。





というわけでそれを食す。いただきます!泡盛ぐびぐび



お腹も満足したところでコインランドリーに戻り洗濯物を回収。もう夜になってた。ふと自動販売機が気になる。ご当地ものとかあるだろ?



アミノサプリのパクリか?
他の方も同じことを思ってるらしい。



アンバサ。懐かしいなぁ。やっぱりまずかった。



で、ホテルでまたダラダラ。明日の戦略を練る武藤。ホテルに着いたらビール。



ぎりぎりまで仕事で、寝てなかったので、先ほどの泡盛と何杯かのビールが効いたようで、もうホテルに着くや落ちました。
あまりに俺が早く寝てしまったのが気に入らなかったらしく、武藤に意味もなく起こされ、しかもその後、武藤は寝てしまうし、どうしたもんかなと思っていたら沖縄在住69から電話。

「これから一杯どう?」
と、これまたあっちの都合だけの申し出だったが、こっちもまんざらではなかったので飲むことに。


「69来るって」
と起こしても
「ぶひっ」
と、一向に起きる気配のない武藤。
69到着の電話が再度かかり、とりあえずなんとか起こす。
「え!言ってよ!」
言ってたから俺。


そしてまた飲んだとさ。。。


続く

posted by nostar | OKINAWA2005 | comments(2)
tumbling and tweeting

tumblr
日々の気になったことモノコトスクラップ

twitter
ひとこと

Recommend
ベロシティ思考-最高の成果を上げるためのクリエイティブ術-
ベロシティ思考-最高の成果を上げるためのクリエイティブ術- (JUGEMレビュー »)
アジャズ・アーメッド,ステファン・オランダー,レイ・イナモト(日本版特別寄稿)
Bookmarks
Entries
Categories
Archives
Comments
Others